Performing Arts

関西国際学園のパフォーミング・アートは、演劇・音楽・ダンスだけにとどまらず、ランゲージ・アート(言語)、ヴィジュアル・アート(美術)など、幅広いアートの側面を経験することで、他の誰とも違う、自分だけの表現方法を存分に探究し、身につけることを目的としています。

Musical Production

KIA Musical Productionでは、学園全体が一丸となって舞台を作り上げます。
2015年に「ウィンター・セレブレーション」として始まり、子どもたちの創造力を発揮する場として歴史を重ねてきました。
舞台公演は秋から冬にかけて開催されますが、その準備は約半年間かけて行われます。

1年生から3年生は、舞台に立つこと、人前で表現すること、お友達の発表を観て応援し、自分の表現に生かすことを主に学びます。体全体で、力いっぱい表現することを純粋に楽しむ子どもたちは、この年齢ならではの「型にはまらない表現力」を発揮します。

3年生以上は、約3時間のミュージカル公演全体を通して、ストーリーをつなぐナレーターを、オーディションで選びます。
さらに、4年生から6年生ではオーディションにより、演出・プロデューサー・役者・ダンス振り付け・メイク/コスチュームデザイン・舞台美術・サウンドメーカー・スクリプトライターのいずれかのチームに所属します。

舞台美術においては、コンテストで選ばれた子どもたちの背景デザインが、5m × 9mの巨大なバックドロップとして舞台に現れます。このバックドロップは、サマースクールで子どもたちがペイントする他、保護者の皆様のボランティアによって手作りで作成されます。自分たちが制作した作品が、大きな舞台の背景としてあらわれる体験もまた、大きな自信に繋がっていきます。

さらに、舞台づくりのプロセスにおいて必要なスキルは、クラスの探究学習に結びつくように配慮されています。例えば「意思決定」についてのユニットに取り組む学年では、舞台作りにおいて、個人・組織としてどのように意思決定がなされるべきかを、探究しながら学びが深められます。

クラス・学年を超え、先生や保護者など大人との共同作業を通して、一人の人間として考え、助け合い、励まし合って一つの物を作り上げる中で、社会的スキルを養います。舞台本番だけではなく、その過程の中でこその学びや、その過程で得た自信が、Musical Productionの何より大きな成果であると考えています。


Music

音楽専門の講師により英語で行います。いろいろな楽器に触れたり、世界中の歌を歌いながら音楽の基礎を身につけます。
さらにユニットと関連して社会の中の音楽の役割について探究します。

Musical Production