関西国際学園神戸校は、国際バカロレア(IB)初等部教育プログラム(PYP)認定校です。幼稚園部も、PYPの枠組みを使いながらカリキュラムを実施しています。母国語(日本語)と第二言語(英語)のバイリンガル環境の中、自分自身について知り、身の回りの人やものごとについて発見することを通し、子どもたち自身の成長過程として相応な理解を深めていきます。幼稚園部では英語でのコミュニケーションを主体としていますが、日本人として大切な日本語や日本文化を重視した教育となっており、言語力、知力、体力、学力、ソーシャルスキルを育みながらバランスの良い人格形成を目指しています。

幼稚園部カリキュラム

関西国際学園幼稚園部のカリキュラムは、子どもたちがさまざまな知識やスキルを身に付けられるよう、多くの豊かな経験ができる園生活と、英語で言語や表現方法、身の回りの環境のことや人との関わり方、心身の健康について学ぶイマージョン教育を取れ入れています。

  1. 人格形成、社交性および精神的な発達
    子どもたちが自己像を明確にさせ、自尊心を高め、社会の一員としての自覚を認識できるよう様々な機会を設定し、経験します。
  2. コミュニケーション、言語と読み書き
    すべての子どもたちにさまざまな状況において自分の意見や考えを発言する機会を設け、友だち、教員を含めた大人との会話を通し語彙を増やし、コミュニケーション能力を高められるよう指導します、文字と音の関係性を理解し、話す力のみならず、聞く能力も身につけ、読み書きの力にも生かせるよう子どもたちは座学だけでなく、自分たちでグループワークなどを通じて学びます。
  3. 算数の概念
    数、測定、パターン、形、図形の概念を、楽しみながら自分で考え、実際に身の回りのものを使って実験したり試して見たりしながら理解を深めます。
  4. 世界と周囲の環境に対する理解と知識
    問題解決、決断すること、実験、予期すること、計画を立てること、疑問を抱くことなどを通して、世界中の人々、国、環境などについて考えます。
  5. 身体的な発育
    体の各部分の機能を学び、健康で、安全に暮らすにはどのようにしたら良いかを考えると共に、遊びの中で楽しみながら手先、体を使った運動を行います。
  6. 造形芸術における表現力
    造形あそび、音楽、ダンス、ロールプレイなどの多様な芸術の表現方法を通して、考え、アイディア、気持ちなどを共有します。

IB教育に関して概要

探究プログラム

探究プログラムは探究学習のカリキュラムをまとめたものです。4つの「教科の枠を超えたテーマ」があり、各テーマを約2ヶ月間で取り組みます。
テーマの下位ジャンルとして、各学年に応じたセントラルアイデアがあります。「教科の枠を超えたテーマ」は幅広く、セントラルアイデアによって、関連する概念について理解を深めることができます。

学習探究ユニット

探究学習ユニットに沿って学習に取り組みます。神戸校は、IBの探究ユニットに沿って行うため、変更する場合があります。

探究ユニットK1(年少)
世界の仕組みはどうなっているのか動物と人々は互いに様々な方法や状況で影響しあっている
私たちは誰なのか私たちは似ているところと違うところがある
私たちはどのように自分を表現するのか私たちは自分の気持ちやアイデアを様々な方法で表現する
私たちはどのように自分を組織するのか学校は、私たちの学びを支える様々な人々で構成されているコミュニティーである

日本語科

母国語が伸びなければ、第2言語である英語も伸びません。そこで当学園では、母国語である日本語を大切に考え、言語の発達が盛んな幼児期に、しっかりと母国語(日本語)で『言葉の軸』を築きます。それが、バイリンガルへの近道になります。

実際には、右脳開発プログラムを摂り入れながら、幼稚園部での3年間に就学準備として基本的な生活習慣、知識、ひらがな、カタカナ、漢字、絵日記、簡単な文章読解、算数の学習などを行います。

日本語科では

慣用句や、熟語、ことわざなどをフラッシュカードで親しみながら、語彙力を高めていくだけではなく、日本文化や童謡、昔話、季節の味覚など、日本人ならではの知識を習得したり経験を積んでいきます。これらを通して、日本人としてのアイデンティティをしっかりと身につけられるよう授業を行っています。

音楽

音楽の学びでは、リズムや音の性質などについてさまざまな発見をします。また楽器に触れることでいろいろな表現方法を体感します。
さまざまな音楽を鑑賞し、感受性を育み、感じたことをいろんな形で表現する方法を習得、表現する技術を身に付けます。

課外学習

子どもたちはあらゆることに好奇心をもっています。体験をもとに知識を定着できるよう、幼稚園部ではユニットごとに遠足または課外授業を予定しています。学校付近の公園への徒歩遠足、水族館、動物園へのバス遠足などがあります。実際に目で見ることによって、学校で学んだ知識やスキルをより深めます。また、公共の場でのマナーを習得したり、系列校間の交流を深めることも目的としています。

サマーキャンプ

年中・年長児は、ー泊二日のサマーキャンプに参加します。家庭を離れて、大自然の中での一泊旅行です。他キャンパスの友達との交流やキャンプファイヤーを囲んで先生と一緒に遊ぶなど、さまざまな活動をするなかで、子どもたちは多くの経験をし、たくさんの思い出を作り、大きく成長します。

授業の流れ(60分)

あいさつ、出欠確認、日付確認
右脳開発(BOIカード)季節の歌、手遊び歌、絵本の読み聞かせ、文字や算数のゲーム、季節の製作など

音読・暗唱

国語・算数

連絡帳(年長クラス)

終わりの挨拶

保護者とのコミュニケーション

  • 連絡帳
  • デイリーレッスンレポート(毎日)
  • ポートフォリオ・作品集(学期毎)
  • クラス便り(毎月)
  • 参観日(年2回)
  • 懇談会(年2回)
  • 保護者メール